デザインスパークの使い方

無料で使えるPCBCAD、3DCADの使い方を解説します

未分類

DesignSparkPCB使い方 ~PCBファイル作成および外形作成~

投稿日:

回路図が完成したら、基板レイアウトの作成です。

DesignSparkPCBのメインの作業となりますね。

ここではプロジェクトに新規のPCBファイルを作成し、基板外形を作成するところまでを解説します。

PCBファイルの作成

メニューバーの「File」→「New」で新規ファイルを作成します。

「PCB Design」をチェック、「Add To Open Project」をチェック、「Browse」ボタンで保存先を指定しましょう。

「I have read and accept the message above」にチェックを入れて「次へ」

これにチェックを入れないと先に進めません。

「Use Default Technology」を選択し、Unitを「mm」、Prceisionを「3」に設定

次に層数等の設定を行います。

今回は両面基板(2層)の基板を作成しますので、「2 Layer Board」を選択。

実装は表面の基板だけに行うので、「Top Side」のみチェック。

そして自動配線機能を利用しますが、表と裏の両方に配線するということで、

「On Top Side」と「On Bottom Side」にチェックを入れました。

次はボードサイズです。ただの四角の基板でサイズが決まっていればここに入力すると外形が出来上がります。

今回はケースに合わせた外形にする為、ここではだいたいのサイズを入力しています。

これで初期設定は完了です。

基板外形を作成しますが、外形の絵を描くだけですので、部品シンボルの作成時に部品外形を描くのと同様なやり方になります。

詳しくはこちらを参照してください。

DesignSparkPCBの使い方 ~フットプリントの作成方法~

回路図シンボルを作成したら、同時にPCBシンボル(フットプリント)も作成する必要があります。 フットプリントのライブラリは回路図シンボルのライブラリとは別で管理されているので注意が必要です。 ここでは ...

続きを見る

まずはシステム原点の設定ですね。基板の左下に設定すると良いでしょう。

外形線は「Type Coordinate」と「Type Offset」を利用すると複雑な外形でも寸法を指定しながら書けるので便利ですね。

「Type Coordinate」で書き始めの座標を設定し、次に「Type Offset」で相対座標を入力すれば線が描けます。

例えば、「Type Coordinate」で原点(0, 0)を設定し、「Type Offset」で(25, 0)と入力すれば、原点から右に25mmの直線を描くことができます。

途中でコーナーを作りたい場合などには「Add Corner」で角を作成します。

「Type Cordinate」と「Type Offset」だけを利用して書いたのがこれです。

4隅に切り欠きがあるのは、ネジ穴を避ける為ですね。

-未分類

Copyright© デザインスパークの使い方 , 2021 All Rights Reserved.