デザインスパークの使い方

無料で使えるPCBCAD、3DCADの使い方を解説します

未分類

DesignSparkPCBの使い方~回路図シンボルの作成方法~

投稿日:

回路図で作成する際、登録されている部品だけで完成することはまずありません。

必ず自分で部品を作成する必要が出てきます。

ここでは登録部品が無い場合に自分で回路図シンボルを作成し、オリジナルのライブラリを作成する方法を紹介します。

ここでは例として、LED付きのLANコネクタを作成してみました。

ライブラリファイルの作成

メニューバーの「File」→「libraries...」を選択。
「Library Manager」が開くので、「Schematic Symbols」タブを選択して、「New Lib...」をクリック。

ライブラリ名称を入力してオリジナルライブラリを作成します。

「New Item」を選択

ピンの配置

まずはピンの配置からですね。
ピンの配置は左上の丸パッドのようなアイコンで配置します。

ピンを配置するとピンの端子を表す「×印」、「ピンNo」、「ピン名称」が表示されます。
文字の上にカーソルを当てると何の情報かがポップアップされて確認することができますよ。

ピン名称が不要な場合はピン名称の文字の上で「右クリック」→「properties」を選択。
「Pad」タブで「Pin Name」のチェックボックスを外すと削除できます。

シンボル外形の作成

次にピンからの配線や部品の外形等の線を描きますが、この線にはいろいろな幅が設定できます。
デフォルトですとバスラインの太い線幅になっているので、調整が必要です。
画面左側のバーの「Add Shape Line」を選択し、空白部分で「右クリック」、「Line Style」画面で「Line 5」を選択します。
これらの設定は見た目だけの問題ですので、好きな線幅を選んでOKです。

線の引き方は、引きたいポイントからドラッグして描きます。
適当に引くと大き過ぎるシンボルになったりしますので、注意が必要です。
今回私が作成した例ですと、ピンの長さは「4グリッド」、ピンの間隔は「2グリッド」です。
このピンの長さを基準にして外形を作って行けばバランス良く描けると思います。

グリッドの設定はメニューアイコンの「Grids」から設定できます。
デフォルトでは「50.0thou」になっています。
今回の例でいえば、ピンの長さは4グリッド分ですので、「200thou」ですね。

シンボルの保存

シンボルが完成したら自分のオリジナルライブラリに保存しましょう。

メニューバーの「File」→「Save」を選択。

「Save To Library」画面の「Library」で自分のライブラリを選択し、「Symbol Name」を付けて保存して完成です。

 

 

 

 

-未分類

Copyright© デザインスパークの使い方 , 2021 All Rights Reserved.